はじめてのプログラミング日記

プログラミングが出来るようになりたい人の日記。ITパスポート勉強中。

試験を受けた企業から連絡がない

こんにちは、Kikuchigeです。

 

サクラもだんだんと散りゆく季節になりましたね。

 

私はこのあいだ、大学四年生に進級しました。ピカピカの4年生です。

きっと全国の大学四年生のなかには、タイムトラベラーになりたい人が続出する頃合いかと思います。

何であのときああしなかったんだろう……。考えたらきりがありませんね。

 

私もその中の一人ですが、時の流れには逆らえないので、あきらめてがんばりたいとおもいます。もっと早く企業面接受けてればよかった!

 

まだまだ就活が先だというかたは、将来のことは早めに計画を立てておいた方がよろしいと思います。

机の引き出しを開けても、タイムマシンはありませんからね。

 

 

というわけで私は今、IT企業関係を中心に就職活動をしています。

 

あたりまえですが、就職活動を始めたら、多くの企業にエントリーして選考を受けなくてはなりません。

 

そのなかで、やっぱり選考基準に達しないこともあります……

つらいですが、一次選考でそうなる可能性もあります。もうすでに一社からお祈りメールなるものが送られてきました。

 

ですが、それはいいのです。

というか、就活なので落ちるのはあたりまえですし、それを見越してたくさんの企業をまわっていますから、つらいですけれど受け止められます。

 

ですが、中には選考結果がいつまでたっても送られてこない企業もあります。

 

いわゆるサイレントお祈りと呼ばれているものですね。

企業側が多忙や合格者の優先を理由にして、合格者だけにメールを送り、ほかの興味ない不合格者には連絡をしないという、就活生にとってはとても困った話です。

 

私もいくつかサイレントお祈りなるものを経験しました。

 

正直言うととても困ります。いつまでたっても結果が来ないから次の企業になかなか切り替えられないですし、それ以前に真剣に説明会に出て、選考にも挑んだのに結果が来ないというのはかなりひどい話なのではないかと思います。

 

ちょっともやもやしてしまいますね。

 

でも、お祈りメールが来ても来なくても落ち込むので、結果的にはあまり変わらないのかもしれないですね。

結局前向きになるしかない!

 

というわけで、社会の理不尽さを就活を通して味わったわけですが……

 

私がこれから就活をする人に伝えたいことは一つです。

 

筆記試験の勉強は、一年以上前から始めておきましょう。

 

面接に進むためにも、SPIや一般常識の勉強は前々からしておいた方がいい、というのが私の得た教訓です。

特にIT企業系はGABCABが多いので、早めの対策をしておけば面接に集中することができますよ。

 

というわけで、ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、

 

少しでもこれから就活を始める人の参考(反面教師として)になれば幸いです。

 

それではまた!