にっきちょう

日々考えたことをつづっています。野球・プログラミング・旅行・ゲーム・絵

「IoT」家電?

 こんにちは。Kikuchigeです。

 

今日は何日か前の新聞に載っていた記事のことをちょっと取り上げてみたいと思います。

 

その新聞記事の内容はというと......

 

総務省が「IoT機器」についてサイバー攻撃に対する弱点をあぶりだす調査を始める。という内容でした。

 

なんだかむずかしそう……

 

普段新聞を読まない文系の私にとっては、なんのこっちゃ?ってな感じです。

 

どうやら「IoT機器」がウイルス感染して遠隔操作され、気が付かないうちにサイバー攻撃に勝手に使われちゃう可能性があるから、それをどうにかしようと総務省が言っているらしいのです。

 

サイバー攻撃と言えば、よく名の知れた大企業とかが、個人情報が流出した可能性がある~と言っているのをニュースでよく見かけますよね。

 

なのでなんとなくサイバー攻撃の意味は分かるのですが……

 

「IoT」機器ってなんだろう?

 

と思いました。

 

なので調べてみると……どうやら、「IoT機器」とは、

「モノが自らインターネットに接続して発信する」

機械みたいです。

 

例えば、パソコンやスマホなんかは、人がインターネットを使っていますよね。

 

それとは違い、インターネットを自ら使っている家電なんかのことを、「IoT家電」と呼ぶみたいです。

 

初めて知りました。そんな家電があったんですね。

 

というわけでちょっと「IoT家電」について気になったので、どんなものがあるのか調べてみました。

 

 

sinap.jp

 

 

こちら、「ハイアール」という会社が発表した、IoTの冷蔵庫だそうです。

 

この冷蔵庫の表面が大型の液晶画面になっていて、wifiにもつなぐことができるのだとか。

見た目はちょっと時代を先取りしすぎている感じがしなくもありませんが……

 

ストックされた食品の賞味期限や消費期限を冷蔵庫が教えてくれて、 足りなくなったものをネットでオーダーしたり、 時にはスーパーのチラシが表示され、安売りの卵とかをそのまま注文できたりするんだそうです!

 

すごく便利ですね!ぜひ使ってみたい。

 

ascii.jp

 

こちらは、赤ちゃんのおしゃぶりが「IoT」になっているんだそうです。

 

ソニーコンピュータサイエンス研究所が発表したもので、おしゃぶりの吸い方をパターン分析して、

「次に寝るのか、それとも泣くのか、我慢しているか」など、赤ちゃんの気持ちがわかるのだそう。

 

まだ開発途中なんだそうですが、商品化したらすごくいいですよね!子育て中のお母さん方の気持ちを考えると、とても素敵な商品だと思います。

しかし、おしゃぶりまでネットにつながるとは……時代ですね。

 

inupathy.com

 

こちらはさっきのおしゃぶりの犬バージョンといった感じですね。

 

首輪に「IoT」が使われていて、飼い主はスマホから犬の気持ちが受け取れるんだそうです。

なんか少し昔に似たようなものがはやったような記憶がありましたが……

世界初と書いてあるので、きっと別物なのでしょうね。もっと情報が確実なのかな?

 

もっと時代が進めば、わんちゃんとおしゃべりできる未来も近いかもしれませんね。

そうなったら嬉しいような、怖いような。

 

最後にこちら。

 

www.irobot-jp.com

 

 

掃除ロボットのルンバです。

 

そういえば、こちらも「IoT家電」だったんですね。

スマホから操作や設定が出来るんだそうです。

 

うちにはまだルンバがいないので、いつか買ってみたいです!

 

 

というわけで、今回は「IoT家電」でまとめてみました。

 

中には家電じゃないものもありましたが……

 

いつの間にか、時代って進んでいたんだなあ……と思いました。これからどんなIoT家電が出てくるのか、ちょっとわくわくしますね。

とはいえ、我が家はあまり家電を買い替えないので、実際に購入する日は遠そうですけどね~。

 

ちょっとプログラミングの話とは関係ないお話でしたが、

紹介したもののほかにも、たくさんあったので、もし気になった方はぜひ調べてみてください。

 

それではまた。