はじめてのプログラミング日記

プログラミングが出来るようになりたい人の日記。ITパスポート勉強中。

進数ってプログラミングとどう関係あるの?

こんにちは。Kikuchigeです。

 

前回は2進数のお話をしました。

 

なので今回はその続き、進数とプログラミングの関係のお話をしたいと思うのですが、

 

その前に、なぜ私がこのブログを始めたのかをちゃんと書いていなかったのに気付きましたので、そのことを先にお話ししたいと思います。

 

私は大学は文系なのですが、見てのとおり、あまり話したり文章を書いたりするのが得意ではないです。

 

直接誰かに言われたりしたことはないのですが、少なくとも自分では、上手く説明できてないな……と思うことが多いです。

 

なので、新しく知ったことを解説できるようになりたい! 

と思ったのと、 

人に話せるような話のネタを、増やしたい!

と思ったことが、このブログを始めた理由になると思います。

 

と言っても、ほとんどノリで始めたようなものです。なので本当にそう思っていたのか?は謎ですが、

 

これから、上手く解説したりできるように頑張りますので、下手な文ですが、何か皆さんのお役に立てたら幸いです。

 

 

 

 

 

ということで、前回の続きを書いていきたいと思います!

 

前回は、

・2進数は1と0の組み合わせで数を表すこと、

・2進数はコンピューターが使っている言葉ということ。

 

をお話ししました。

 

そこで、今回は2進数とプログラミングの関係をお話ししたいと思います。

 

2進数はコンピューターが使っている言語だと言いましたが、実際どこでどんな風に使っているのでしょうか。

 

私たちがプログラムを書くときは、プログラミング言語と呼ばれるモノを使っています。C言語やHTMLなどの種類があります。

 

でも、コンピューターは私たちが書いた言語をそのまま使っているわけではありません。

 なぜなら、コンピューターは基本的に0と1しかわからないからです。

  

ん?ってなりませんか?

 

これだけの情報を持ったコンピューターが0と1しかわからない?

 おかしいですよね。

これには理由があります。

 

コンピューターと言っても、単純に考えてみるとただの金属の箱なのです。

(とはいえ、いろんなコードや部品が使われていると思いますが……)

 単純に言ってしまえばそうなります。

 

そして、もうひとつ。コンピューターを動かしているもの。

 それは電気です。 

電気が流れればコンピューターは動きます。流れなければ動きません。

 

この電気のONと、OFFの状態。それが1と0。

 

つまり、この電気が流れる、流れないをモールス信号のように組み合わせることによって、コンピューターは命令を理解し、発信しているのです。

 

例えば、今私が書いている平仮名や漢字も、すべて1と0の組み合わせによってコンピューターは理解しています。つまり、2進数ですね。

 

と、ここまで書いたのが2進数がコンピューターの使っている言葉、だということの解説になります。

上手く伝わりましたでしょうか?

 

例えば……プログラミングを人と人に例えてみますと、

日本生まれの方と中国生まれの方が、英語を使って会話をしているのに似ています。

 

お互いの母国語では伝わらないので、互いに共通語(プログラミング言語)を使って学ぶことでお互いに話せるようになるわけですね。

 

 というわけで、ここまでが進数とプログラミングの関係になります。

 

上手く説明できたかはわかりませんが、少しでも理解していただけたら嬉しいです。