読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめてのプログラミング日記

プログラミングが出来るようになりたい人の日記。ITパスポート勉強中。

IT企業研究

こんばんは。

 

今日はWBCの準決勝でしたね。

  

私は、残念ながら会社説明会に言っていたので見ることが出来ませんでした。

 

菊池選手のホームラン、見たかったなぁ…… 

 

と、いつまでも過ぎたことを惜しく思っていてもしょうがありませんので、 

 

今日は説明会で学んだ、IT業界の仕組みについてちょこっとメモ程度に書きたいと思います。

 

 

 

一概にIT企業と言っても、どんな会社があるのかイメージがわきませんよね。

 

というより、私は文系でしたので全く知りませんでした。

 

よくわからないけど、プログラムを組んでゲームつくってるのかなっていう(もともとゲーム業界に興味があったので)

 

今考えると、お恥ずかしい話ではありますが。

 

 

IT企業というのは、ちょっと前の言い方をすると「ソフトハウス」と呼ばれていたそうです。(これは、パソコン自体を指す「ハード」に対し、「ソフト」部分をつくっている会社だからです。)

 

そして、そのソフトハウスも大きく3つに分かれています。独立系、メーカー系、ユーザー系。

 

この三つは、基本的には同じくシステムをつくる会社であり、SEさんやプログラマーさんが働いています。

 

 

ではどこが違うのでしょうか。

 

 

私も説明会などでちょろっと人事の方のお話を聞いたに過ぎないので、あまり詳しい説明はできないのですが、簡単に説明すると、違うのはその会社がお仕事をもらうまでの仕組みなんだそうです。

 

まずは、メーカー系。簡単に説明すると、このメーカー系はメーカーさんから直接お仕事を任されます。例えば、パナソニック、日立、ソニーなど。

 

どこも聞いたことのある大手企業ですよね。この企業さんからいつもお仕事が降って来るので、メーカー系は安定しているといえるのです。

 

パナソニック○○○○」など、企業名に親会社の名前が入っていることが多いのでわかりやすいです。

 

 

次に、ユーザー系。こちらも顧客から直接お仕事が来ます。どこがメーカー系と違うのかというと、(私もよくわかっていないのですが)もともと会社の中にあったシステム管理などの部門が分離してできた会社なんだそうです。

 

なので、こちらも安定しています。

 

 

最後に独立系。

 

 

おそらく、IT企業のなかでは一番数が多いのがこの独立系だと思います。

 

よく、独立系SIerなんて言葉を耳にすることもあるのではないでしょうか。

 

 

独立系は、前に言ったメーカー系やユーザー系のように、どこかの企業に属していないない独立したIT企業です。

 

主に、もともとメーカー系大手などでSEとして働いていた方が、起業して始めた会社が多いです。

 

なので、安定しているとは言えません。独立系でも大手になれば取引先も多く、安定しているといえるのでしょうが、基本的には上の二つと比べてそうなります。

 

とはいえ、独立系=ブラックというわけではないと思います。

 

大手でも、会社によってはブラックなこともあるそうです。よく、売り上げを社員数で割ってみればわかる、という言葉を聞きますが、大手でも中小でも会社によって雇用形態はさまざまです。ピンからキリまであります。

 

なので、そう言ったところは自分で説明会や、面接などで確かめるしかないと思います。って、今まさに私が自分の眼で確かめていかなきゃいけないんですけどね。

 

 

というわけで、長くなってしまいましたが、

 

 

私が企業説明会をまわる中で聞いたお話はこんな感じです。

 

 

もし、同じくIT企業の就職を考えている方がいらっしゃいましたら、少しでも参考になれば幸いです。

 

 

SEの会社説明会に行ってきました。

こんばんは、Kikuchigeです。

 

今日は、東京に会社の説明会に行ってきました。

 

会社までの紙の地図をもらったのですが、雨が降っていたのでほとんど開く機会がありませんでした。

 

地図がなくても困らない、駅からすぐのところにお目当ての会社はあったので、そもそもいらなかったかもしれませんね。

 

説明会のほうですが、

 

人事さんや社員さんたちはやさしそうな方が多くて、結構いい雰囲気の会社だと思いました。

 

ただ、言葉の端々にきつい仕事を匂わせる言葉がちょくちょくうかがえたので……

 

 

自分の踏み込もうとしている業界の厳しさを知った気がします。

 

 

あと、最後に適性試験があったのですが、まったく終わりませんでした。時計を見ている暇もなかったです。

問題を解くスピードもですが、マークシートを塗りつぶす時間も結構重要ですね。

 

マークシート形式の試験は気を付けないといけないかもしれません。

 

 

あと、いつもなのですが東京は行くたびに、空気のせいか頭痛がするんですよね……

 

 

これはもう、なれるしかないですね。

 

 

就活ですから、つらいことも多いです。でも、だからこそ自分の時間や友達と遊ぶ時間がいつも以上に楽しく感じるっていうこともあるんですよね。

 

 

今日行った場所は日本橋近くなのですが、今度行くときは下町を散策してみたいです。

 

 

明日も説明会があるので、気力を振り絞って頑張りたいと思います。

 

 

あ、それと今度は、ちょこっとIT業界について私が学んだことを書けたらいいな、と思ってます。

 

 

それでは、また。

 

 

 

自己紹介+日経ソフトウェア雑誌

今日は3月20日、祝日ですね。

 

私は今日の午後、六本木にひるね姫を見に行ってきます。

 

六本木ってオサレですよね。若者っぽい。

 

普段住んでる家が遠くて行くことはないので、楽しみです。

 

というのはまあ、さておき。

 

 

前の記事でお話しした、文系でプログラミングを勉強することになった経緯を、今日はちょこっと書きたいと思います。

 

 

文系と言いましたが、私が大学で勉強しているのは芸術系の分野です。

 

芸術系と言ってもよくわからないと思うので、簡単に言うと大学で油絵を描いています。

 

っていうことを自己紹介で人に話すと、「なんで絵を描いているのにIT系に行こうと思ったの?」

と言われることが多いです。

 

というのも、

 

私は今プログラマー、SEを目指して就活をしている最中です。

 

絵を描いているのになぜIT系に行こうと思ったのか?……というのはまたあとでお話しするとして(ちょっと長くなるかもしれないので)

 

文系でプログラミングを学びたいと思った経緯は、こういった就職活動を控えているからです。

 

 

 

 

というわけで少し自分の話をした後に、先日買った雑誌「日経ソフトウェア」のことをちょっと話したいと思います。といっても、ちょっとした感想程度で。

 

なんとなく、IT系で就活しているのに全くITのこと知らないのもまずいかな……と思ったので、ちょっと本屋で買ってみました。1320円です。

 

ちょっと普通の雑誌と比べるとお高めかな?

 

 

 

内容はというと、やっぱりIT知識がないと読めないようなものでした……。

 

エクセルやC言語などの疑問について、詳しく書かれてるみたいですね。マクロとVBA?の違いとか。(よくわかりませんでした)

 

でも、プログラミングをトランプに見立ててしくみをわかりやすくする内容など、私でもわかるところはありました。

 

わからないところも、何となく読んでみるだけで少しは勉強になったような気がします。

 

プログラミングクエスト、っていう付録のゲームソフトもついていたので(今度やってみます)興味ある方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

 

それではまたまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初投稿

はじめまして。こんにちは。

 

Kikuchigeといいます。

 

このブログでは、文系学生のKikuchigeがプログラミングを勉強する日々をちょこっと書いていきたいと思っています。

 

プログラミングとは、プログラミング言語と呼ばれるものをパソコンに書きこむことでホームページをつくったり、ゲームをつくったりすることですね。

 

といっても、まだほとんど始めたばかりです。

 

なので本当に基礎的なことから書いていくことになると思います。

 

なぜ文系なのにプログラミングを始めるのか?

 

なぜブログにしようと思ったのか?

 

そのことについては、次の記事でお答えしたいと思います。

 

 

基本的にぐーたらな性格なので、続くかはやってみないとわかりませんが、できるだけ続けていけるよう頑張ってみたいと思います。

 

趣味の漫画ゲームや、今やってる就活のことなどもちょこっと挟んでいきたいと思いますので、ぜひ気軽な気持ちでのぞいて見てください♪

 

ではまた。